〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7丁目3-1
03-3671-0867

  

タグアーカイブ: #東京都、#江戸川区、#小岩、#南小岩、#歯医者、#口腔ケア、#細菌感染、#インフルエンザ、#

ホワイトスポット治療Iconとは

こんにちは歯科医師の小野寺です。

突然ですが前歯に白斑(ホワイトスポット)がずっとある事ありませんか?

歯医者さんに相談しても経過観察か削って白い詰め物(コンポジットレジン修復)を行うかしか治療法がありませんでした。

しかし、最近になり白い白斑(ホワイトスポット)を削らずに治療できるアイコン(Icon)と呼ばれる治療法が出てきましてので説明致します。

アイコン(Icon)とは

アイコンとは欧米で開発された特殊な薬剤で、歯を削らずに初期虫歯やホワイトスポットなどの白斑を治療する材料です。

ドリルや麻酔を使わず、痛みもほとんどなくエナメル質を再石灰化しホワイトスポットの改善を見込みます。

アイコンは、酸によって脱灰したエナメル質に薬剤をしみこませることによって、歯を削ることなく、また早期にホワイトスポットを改善させ、エナメル質からミネラルが溶け出すのを防ぎます。

また、アイコンはエナメル質を補強して酸性になるのを防ぎ、ホワイトスポットの再発を防止する効果もあります。

※YOSHIDA アイコンカタログ表引用

ホワイトスポットは何故できるの?

アイコン治療を行う前にまずなぜホワイトスポットが出来るのかを知らなければいけません。

ホワイトスポットには大きく分けて2つの原因があります。

1、虫歯が原因で出来るホワイトスポット

初期う蝕(初期虫歯)によるホワイトスポット の特徴は脱灰と言われる現象です。

虫歯菌が作り出す酸によって歯のリンやカルシウムが溶け出すことを脱灰といいます。

これが虫歯の始まりですが、初期の虫歯では脱灰は生じていてもまだ穴はあいていません。歯の表面は溶けないで内部から溶けていくのです。

脱灰が生じている部分は細かい空洞がたくさん出来るため、この部分が他の健全な歯と較べると光の屈折率や透過性の違いで白く見えます。

2、エナメル質形成不全が原因のホワイトスポット

乳歯のときに外傷や感染、または病気や栄養障害により歯の表面のエナメル質が正しく作られなかったことにより、その部分がホワイトスポット になることがあります。

これらをエナメル質形成不全と呼ぶます。

エナメル質形成不全は虫歯ではありませんので脱灰は生じません。

エナメル質が正しく作られなかったために健全な部分とは光の屈折率や透過性が違うので白く見えます。

アイコン治療の原理

アイコン治療は、液状の特殊なプラスチック樹脂をエナメル質のカルシウム成分が失われた脱灰部分に浸透させ、白濁を抑えミネラルが失われるのを防止します。

またアイコンには、エナメル質を補強して、お口の中に入ってくる酸による脱灰を予防する効果もあります。

アイコン治療方法

※YOSHIDA アイコンカタログ表引用

アイコン治療の利点

  • アイコン治療は歯を削りません。
    従来のホワイトスポット治療のように、白い斑点の部分を削って詰める治療ではありませんので、歯はほとんど削りません。
  • アイコン治療は効果が早い
    カルシウムを補う歯磨き粉でホワイトスポットの改善を期待する場合、長い時間がかかり、効果があまり出ない場合も多々あります。アイコン治療はその場で薬剤をしみこませるため、早ければ1回の治療でホワイトスポットが改善します。(効果には個人差があります)
  • アイコン治療は歯を強化する効果もある
    エナメル質に液状のプラスチック樹脂を浸透させるので、エナメル質を強化する効果も期待できます。

アイコン治療の欠点

  • 穴が開いているような通常の虫歯は不適応です。
    アイコンは液状のプラスチック樹脂をエナメル質に浸透させる治療ですので、実際に穴があいているような通常の虫歯は不適応です。
  • アイコン治療後にはホワイトニングができなくなります。
    アイコンは液状のプラスチック樹脂をエナメル質に浸透させるため、アイコン治療の後ではホワイトニングの薬剤が歯に浸透しなくなり、ホワイトニング効果もでません。
  • 他にホワイトスポットの大きさや深さ、状態によって治療には個人差があります。そのため1回のアイコン治療ではホワイトスポットが消失しなかったり、治療後徐々に時間をかけて(1ヶ月程度)消失することもあります。

まとめ

アイコン治療は歯を削らずにホワイトスポットを消失することができる治療法です。

利点として

・歯を削らずに治療できる

・治療してすぐにホワイトスポットが消失する事がある。

欠点として

・適応でない事がある。

(穴が空いてしまっている虫歯やエナメル質形成不全には効果が出にくいと言われています。)

・ホワイトスポットの大きさや深さ、状態によって治療には個人差があります。

そのため1回のアイコン治療ではホワイトスポットが消失しなかったり、治療後徐々に時間をかけて(1ヶ月程度)消失することもあります。

そのため当院ではアイコン治療して1ヶ月後に再評価のため来院していただきます。

ホワイトスポットが消失なければもう一度アイコンさせていただければと思います。

 

 

 

南小岩の歯医者 | 小野寺歯科医院

日付:  カテゴリ:ブログ and tagged ,

虫歯治療

新年あけましておめでとうございます、歯科医師の小野寺です。

年末年始は虫歯などで痛む事無く、穏やかに過ごす事が出来たでしょうか。

よく歯医者さんで「この歯は虫歯だから治療しましょう」という言葉を聞く事があると思います。

反対に「この歯は虫歯ですがまだ治療しなくても良いので経過観察をしましょう」と言われる事もあるかと思います。

どっちが正しいの?治療しなくても良いのか?などの疑問が出てくると思います。

虫歯とは

虫歯はう蝕、う歯とも呼ばれ、多くの人々がかかっている慢性疾患です。

歯の表面を覆うエナメル質が溶け出す病気のことです。

甘い物や冷たいものがしみるといった症状が現れるようになります。

また、進行すると表面のエナメル質だけでなく、象牙(ぞうげ)質やその奥の神経が通っている部位にまで浸食されて、何もしていなくても痛みが生じるようになります。

歯の構造

歯は大きく分けて上から3層に分かれています。

1,エナメル質

歯の表面を被っている人間の身体組織の中で最も硬い組織です。

2,象牙質

エナメル質の内側にあり、歯冠部から歯根部までの歯を形づくる組織です。

エナメル質よりも柔らかく、酸に溶けやすい組織です。

象牙質には象牙細管という細い管が通っていて、管の中は組織液で満たされています。

3,歯髄

神経と呼ばれる組織で、神経線維のほかに血管やリンパ管などが通っています。
象牙質に栄養を補給しています。

虫歯の成り立ち

むし歯の原因は、口の中に潜んでいるミュータンス菌などのいわゆるむし歯菌です。

たくさんのむし歯菌は粘着性の物質を産生して歯垢(プラーク、バイオフィルム)を形成して歯の表面に張り付き、食べ物の中の糖分を分解して酸性の物質を生み、こうした酸は歯のエナメル質を脱灰(溶かす)するほど強力で、小さな穴をつくります。

これが虫歯の初期段階です。

そのため、むし歯はブラッシングなど口の中の衛生管理がうまくできていない場合に発症しやすいといわれています。

歯は唾液よって強化されたカルシウムとリン酸の構成を維持する能力を持っていますが、エナメル質が分解されるにつれてこの能力を失ってしまいます。

次第に、酸が歯に浸透し、内側から破壊していきます。

歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスが届きにくい位置にある歯もまた、歯垢がたまりやすく、それゆえ虫歯が形成されてしまいます。

 

虫歯の分類と治療法

虫歯は進行度に応じて5段階に分類し、それぞれ治療法が異なります。

1,初期の虫歯C0

初期虫歯では、歯の表面に穴はあいていません。

舌で触っても違和感はないのですが、視覚的には白濁していたりします。

痛みやしみるなどの自覚症状はありません。

治療はする必要がなく日々の歯ブラシやフッ素を塗る事で虫歯が進行しないように経過観察します。

2,エナメル質の虫歯C1

エナメル質だけに留まった虫歯では、表面に浅い穴があいています。

基本的に、痛みやしみるなどの自覚症状はありません。

治療法は虫歯菌に感染したエナメル質を削り、コンポジットレジン(プラスチック樹脂)などで修復します。

当院ではC1である場合はあまり歯を削らずに定期観察を行い、ケアをすることで虫歯の進行を防ぐ事をお勧めしています。

理由としましては2次う蝕のリスクが高いからです。

一度虫歯の治療をした歯がまた虫歯になることを2次う蝕といいます。

一度削った歯は天然の歯と比べると弱く、虫歯になりやすい状態になります。

但し治療するかしないは先生によって治療方針が違ってくると思います。

3,象牙質まで進行した虫歯C2

象牙質まで進行した虫歯は、深い部分まで穴があいています。

痛みを感じたり、冷たいものがしみたりすることが多くなります。

虫歯菌に感染したエナメル質および象牙質を削り,範囲が小さければ、コンポジットレジン修復をするだけで十分ですが、範囲が大きい場合は、インレーと呼ばれる大きな詰め物で治療することになります。

4,神経まで進行した虫歯C3

虫歯菌が神経まで進行すると、激しい痛みを伴います。

また、冷たいものを飲んだ理、甘いものを食べた時にしみることが多くなったり、安静時や夜間就寝時にも痛みを感じる自発痛が生じたりするようになります。

虫歯菌に感染したエナメル質および象牙質を削り、歯の神経を抜きます。

その後、歯の根の治療(根管治療)を行い、セラミックやレジンや金属でできた被せ物、詰め物で治療します。

5,歯の根っこだけ残った虫歯C4

虫歯が重症化すると、歯の根っこの部分以外は全て侵食され、崩壊します。

これを残根といいます。残根状態になると、歯の神経は死んでいますので、痛みを感じることはありません。

その状態で放置すると細菌感染がさらに根っこの方にまで進み、膿がたまったり、痛みが再発したりすることがあります。

残根状態になると、通常の虫歯治療が行えないため、抜歯治療を行います。

まとめ

虫歯の治療は大きさや程度、治療方針、患者さんの症状により大きく変わります。

基本的に当院では

C0,C1は虫歯治療をせず経過観察。

C2,C3では虫歯治療や歯の根の治療を行い、場合によっては局所麻酔を行います。

C4では局所麻酔を行い、抜歯治療を行います。

上記に記したように虫歯は痛みなどの症状が出てからでは治療が大掛かりになったり、治療回数がかかる事がありますので気になる事があればすぐにお近くにかかりつけの先生に診察してもらう事をお勧めします。

 

 

 

 

南小岩の歯医者 | 小野寺歯科医院

日付:  カテゴリ:ブログ and tagged ,

バイタルサインとは

今日は歯科医師の小野寺です。

皆様はこの2年間新型コロナウイルスにどうにかかからないように過ごされて来たかと思います。

そのため旅行やお食事などに行くような楽しみが無かったかと思います。

しかし、こんな世の中であっても私が唯一良かったなと思える事はコロナ禍になり、バイタルサインと呼ばれるご自身の身体の状態を皆様がとても気にされるようになった事かと思います。

バイタルサイン

バイタルサインは英語でvital signs。

日本語で生命兆候と訳されます。

生命兆候とは、人間が「生きている」 ことを示す指標のことですのでとても重要です。

具体的には「脈拍」「血圧」「呼吸」「体温」の4つを指標とし、数値を測定することでその日の健康状態を知ることができます。

そして、数値の経過をみることで、身体がどのような状態かを医療従事者が判断することが可能になります。

例えば今のコロナ禍においては毎日の体温と動脈血酸素飽和度(Spo2)の値をお家でも測定する事で感染しているかどうかの指標になっていました。

その際に重要になってくるのが正常値でありまた、どこまでが正常範囲なのかという事です。

脈拍

脈拍は、1分間の間に心臓が拍動する回数のことを表しております。

脈拍は、身体のすみずみまで血液が行き渡っているかどうかを知る指標になります。

脈拍の数やリズムに異常があると、心臓や血液循環に関連した病気が疑われます。

また、リハビリやスポーツを行う時のADL(日常生活動作)や運動強度の指標にも用いられます。

脈拍の正常値は1分間に60〜100回。

個人差が大きく、年齢や体温、動いたあとなどの活動内容によっても、容易に数値が上下しますし、元々が脈拍40回の徐脈の方や100回の頻脈の方などもいます。

一般的に手首の親指側、動脈が触れる場所で測定するので脈拍と言われます。 自動血圧計で血圧を測定すると、血圧の数値の高い値と低い値、そして脈拍の数値が出てきます。

また、動脈血酸素飽和度(サチュレーション、Spo2)測定器(パルスオキシメーター)においても脈拍が表示されます。

歯科治療時では局所麻酔時の薬の影響や抜歯中の緊張などで脈拍が大きく上がることがあります。

血圧

血圧とは心臓から全身に送り出される血液が血管を押す力のことです。

心臓が筋肉をギュッとしぼめた時を上の血圧(最高血圧)、逆に筋肉が最もゆるんだ時を下の血圧(最低血圧)といいます。

日本高血圧学会では、正常血圧は上の血圧が120mmHg、下の血圧が80mmHg未満と規定しています。

一般的には上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上の場合が高血圧症といわれています。

血圧を測ることで、心臓から出た血液がどれだけの力で血管を押しているかがわかります。

この血管を押す力が強いと、血管を傷つけてしまう恐れがあります。血管を傷つけてしまうと脳内出血や心臓病などが起こりやすいのです。

歯科では治療中に緊張によるストレスで血圧が大きく上昇することがありますので高血圧症の患者さんは常に生体監視モニターを行いながらの診療が必要な時があります。

呼吸

生物が身体を動かすエネルギーを作るために必要な要素の1つに酸素があります。

この酸素を肺で体内に取り込み、細胞で消費し、老廃物となる二酸化炭素を体外へと排出する仕組みが呼吸と言われています。

呼吸は見る、聞くことによってわかることが多くあります、また呼吸をしていても酸素を取り込む状態が悪いと身体に中の酸素が足りなくなってしまいますので、合わせて動脈血酸素飽和度(サチュレーション、Spo2)の値も非常に重要になります。

成人の場合、1分間に12~20回の数が正常値とされています。

正常値は年齢によって異なり、新生児では35~50回、乳幼児は30~40回と言われています。

これは新生児から学童期に至るまでの間は肺の成長途中であり、1回で換気できる量が少ないため、呼吸の数で取り込む酸素の量を補っているからです。

動脈血酸素飽和度(Spo2)とは、血液中にどの程度の酸素が含まれているかを示します。

血液中には酸素を運ぶヘモグロビンがあります。Spo2は血液中(動脈)にヘモグロビンの何%が酸素を運んでいるかを調べています。

正常値は96 %以上

95 %未満は呼吸不全の疑いがあり、90 %未満は在宅酸素療法の適用となります。SpO2 は、パルスオキシメータという簡易装置を用いて測定します。

体温

調子が悪いかな?咳が出るな?身体が倦怠感があるな?

そう思ったときには、まず体温を測る、という方も多いと思います。

私達は環境が変わって気温が変化しても、体温も同じように変化することはなく、ある程度は維持することができます。

その体温が変化していくと、体の中で何らかの異常が起きている場合があります。

熱が高いときは、体のどこかにウイルス感染症がある場合が多いです。

熱が低いときの原因としては、寒い場所に長時間いる場合やお酒の飲みすぎ、 栄養低下などが考えられます。

体温の平均値は一般的には、36℃〜37℃とされています.

個人差があり、体温を測定する時間や食事・運動などの活動、性別、年齢によっても変動します。36〜37℃が、身体の中の細胞を効率的に働かせる温度と言われています。

 

まとめ

バイタルサインは自分たちが生きていく、健康な生活を送るために重要な指標になります。

コロナ禍になり改めて自分がどのような身体の状態なのかを知った方も多いのではないでしょうか。

健康に長生きするためには日々のバイタルサインを調べ、異常が起きた時に早めに病院へ行き、ご自身の日常の身体の状態をうまく伝えることがとても大切になって来ます。

 

 

 

 

南小岩の歯医者 | 小野寺歯科医院

日付:  カテゴリ:ブログ and tagged ,

ハロウィンイベント

10月26日〜11月6日にお子様(12歳まで)を対象としたハロウィンイベントを開催しております!

歯にいいお菓子などの詰め合わせをご用意しております。

これを機に学校の検診で受診を勧められたお子様や最近歯医者に行っていないお子様、そして保護者様は一度来てみてはいかがでしょうか?

 

南小岩の歯医者 | 小野寺歯科医院

日付:  カテゴリ:お知らせ and tagged

インフルエンザウイルス

こんにちは歯科医師の小野寺です。

今年も早いものでもう年末に差し掛かってきました。新型コロナウイルスの感染者数が減少し、緊急事態宣言が解除されましたが冬になると今度はインフルエンザウイルスが流行し始める可能性があります。

その為にも早めのワクチン接種をした方が良いのか?もう少し遅らせて接種した方が良いのか?新型コロナウイルスワクチンと並行して接種していいのか?など悩んでしまいますよね。

ただ毎年のように流行を繰り返すインフルエンザは高齢者や基礎疾患がある方は重症化して、死に至ることも少なくありません。

その為インフルエンザウイルスに対する備えはとても重要だと思います。

インフルエンザウイルスの分類

インフルエンザウイルスには、大きく分けて、A、B、Cの3つの型があります。

A型インフルエンザウイルスは、ヒトや鳥、豚などの動物が感染し、B型とC型のインフルエンザウイルスは、ヒトだけが感染するといわれています。

ヒトが、A型とB型のインフルエンザウイルスに感染した場合、鼻水、くしゃみ、咳、発熱などの症状に加え、38°Cを越えるような高い熱や頭痛、筋肉痛などの全身症状が強く出ます。
我が国の場合は主に冬場が中心となりますが、国や地域によって流行が起こる季節があることから、季節性インフルエンザと呼ばれることがあります。
一方、C型インフルエンザウイルスに感染した場合は、鼻水が増える程度の症状で済むことが多いとされています。また、感染を繰り返さないことから、健康上は問題視されません。

インフルエンザウイルスに対する予防

ヒトのインフルエンザウイルスは、感染者や患者の鼻水、咳やくしゃみによって飛び散る飛沫に含まれています。

そのため、ヒトのインフルエンザウイルスの感染経路は以下の二つとみられています。
まず、飛沫を含んだ空気ごと吸い込み、鼻やノドの粘膜に感染する飛沫感染
もう一つは、飛沫で汚染されたものを触った手から目や鼻、口の粘膜に感染する接触
感染
・飛沫感染の予防策は、マスクの着用とこまめなうがい
・接触感染の予防策は、手洗い、汚染された手で目や鼻、口に触れなことです。

ほとんどが今日本中で行われている新型コロナウイルスに対する予防と同じですね。

あとは毎年のワクチン接種が発症や重症化を予防するのにとても大切かと思います。

インフルエンザ予防接種に対する質問

・ワクチン接種は1回で良いのか?

13歳以上の方は、1回接種が原則、13歳未満は2回接種です。1回接種後よりも2回接種後の方がより高い抗体価の上昇が得られることからです。

・昨年ワクチン接種を受けましたが今年も受けた方が良いのでしょうか?

インフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行することが予測されると判断されたウイルスを用いて製造されています。このため、昨年インフルエンザワクチンの接種を受けた方であっても、今年のインフルエンザワクチンの接種を検討して頂く方が良い、と考えられます。

・インフルエンザワクチンの接種はいつ頃受けるのがよいですか?

日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますので、12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

※厚生労働省 令和2年インフルエンザQ&A引用

 

インフルエンザウイルスとお口の中の関係

インフルエンザウイルスの感染拡大にはプロテアーゼやノイラミニダーゼと呼ばれる酵素が関わっています。

人のお口の中は1千〜1兆個もの細菌がすみ着いています。
これらの口腔内細菌はプロテアーゼという酵素を出す特性があります。
口腔内を不潔な状態にしておくと細菌が増殖しますし、プロテアーゼがインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする働きがあります。

プロテアーゼの働きにより、鼻や喉などの気道の粘膜に付着し細胞内に侵入したインフルエンザウイルスは、ノイラミニダーゼというたんぱく質を溶かす酵素の働きで細胞外に放出されて、増殖して感染を拡大します。

タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬はインフルエンザウイルスに直接作用するわけではなくノイラミニダーゼの働きを抑え、インフルエンザウイルスを細胞内に閉じ込めることで感染が広がるのを防ぐ薬剤です。

その為インフルエンザウイルスを予防する為にもお口の中を清潔な状態にしておくことがとても需要になります。

それはむし歯や歯周病の原因となる細菌が増殖して、この中にプロテアーゼやノイラミニダーゼを出す細菌が含まれている為、お口の中が不潔な状態だと、これらの酵素の量が増え、インフルエンザの発症や重症化を招きやすくなります。

他の病気に対してもそうですがお口の中をクリーニングやメインテナンスで綺麗にしてお口の中を綺麗に保つことがこの冬病気をせずに乗り切る為にも重要かと思います。

 

 

 

南小岩の歯医者 | 小野寺歯科医院

日付:  カテゴリ:ブログ and tagged ,