〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7丁目3-1
03-3671-0867

  

審美治療

審美治療とは

審美治療とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。歯科治療には「虫歯や歯周病を治す」「よく噛めるようにする」といった機能的な面と、「白く形の良い歯にする」「歯並びを整える」といった審美性の面があります。この両方を満たす、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美治療です。
幼年期から青年期、老年期にかけ、その年代にふさわしい口元の健康美を求めていく事が審美治療です。

セラミック治療

セラミック治療とは、虫歯などで削った歯をセラミックで補う治療です。
セラミックにもいくつかの種類や材質があり、形(インレーやクラウン、ブリッジ)や強度も様々です。患者さま1人1人に合った材質を使用し、自然でキレイな口元に改善することが可能です。

こんな患者さまにオススメ

・歯の黄ばみ、着色に悩んでいる
・歯と歯の隙間が気になる
・前歯の形が気になる
・前歯が欠けてしまっている
・ホワイトニングであまり効果がなかった
・短期間で自然な白い歯を手に入れたい
・銀歯や銀色の詰め物を白く変えたいと思っている

セラミックのメリット

審美性が良く自然な色で再現できる

セラミックは透明感のある素材なので天然の歯のような自然で美しい白さを出すことができます。
周りの歯と違和感のない自然な仕上がりにすることができるので、銀歯のように口を開けた時や笑った時に目立ってしまうこともありません。

経年劣化や着色が少ない、虫歯になりにくいため再治療が少ない

患者さまの中では銀歯と歯の隙間から虫歯になってしまう事や銀歯の中で虫歯になっていて銀歯を外して再治療を経験している患者さまが多いと思います。
銀歯の劣化により隙間ができ、そこから虫歯菌が発生します。セラミックは歯との密着度が高く表面も滑らかで、その素材ゆえ経年劣化も少なく虫歯のリスクが極めて低いため、再治療が少ないとされています。

金属アレルギーの心配がない

金属は口の中の水分に反応し、金属イオンとなり溶けだし、金属アレルギーを引き起こす原因となることがあります。その結果粘膜の炎症・ただれ、手のひらや足の裏にかゆみを伴う多数の水疱や膿、接触性皮膚炎、湿疹、味覚異常を起こす可能性がります。
セラミックは陶器を使用しているため金属アレルギーの心配がありません。

補綴物の種類・料金表

保険のインレーハーフセラミックインレーオールセラミックインレーゴールドインレー
審美性★★★★★★★★★★★
強度★★★★★★★★★★★★★★★★
利点保険適応のため安価。
強度が良い。
審美性が良い。(セラミック+プラスチック)
虫歯になりにくい。
審美性が一番良い。(自然色に近い)
変色しない。
虫歯になりにくい。
強度が一番良い。
金属の腐食がない。
虫歯になりにくい。
欠点審美性が悪い。
金属が腐食する。
経年で着色してくる。
割れやすい。
噛み合わせが強いと割れることもある。審美性が悪い。
料金2,000円前後40,000円55,000円70,000円
保証2年2年2年

※横にスクロールできます。

保険のクラウン硬質レジン前装冠CAD/CAM冠オールセラミッククラウンメタルボンドクラウン
審美性★★★★★★★★★★★★★★★
強度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
利点保険適応。
強度が良い。
保険適応。(前歯部適応)
強度が良い。
保険適応。(小臼歯部適応。条件で大臼歯も適応)
審美性が良い。
審美性が一番良い。(自然色に近い)
変色しない。
虫歯になりにくい。
強度が一番良い。
金属の腐食がない。
虫歯になりにくい。
欠点審美性に劣る。
金属が腐食する。
着色が付きやすい。
裏が金属色。
経年で着色してくる。
割れやすい。
噛み合わせが強いと割れることもある。審美性に劣る。(オールセラミックに比べて)
料金3,500円6,000円前後7,000円前後80,000円95,000円
保証2年2年

※横にスクロールできます。

ダイレクトボンディング

歯科治療に使われる材料は日々進化を続けており、最近ではコンポジットレジンというプラスチックを用い、直接お口の中で歯の形を作って修復していくダイレクトボンディングという治療方法が確立されています。

コンポジットレジンという素材は従来からありました。従来のものは劣化するのが2~3年と早く、変色や経年変化によって隙間から虫歯菌が侵入し、再び虫歯になってしまうなどの問題点も多く、保険治療の材料という認識でした。
しかし、近年クオリティがアップし、強度にも問題なく、審美的な面でもより自然な仕上がりができるようになりました。美しい仕上がりは、詰め物をしていることが分からないほどです。

ホワイトニング

こんな患者さまにオススメ

・人前に出る事が多い方
・美しい口元になりたい方
・コーヒーや赤ワインが好きな方
・歯の着色が気になる方
・タバコによる歯の汚れが気になる方

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、その名の通り自宅で行えるホワイトニング治療を指します。
歯科医師の指導を受けながら自宅で自らの管理のもとで治療を行なうのですが、治療を開始してホワイトニング効果が得られるまで、個人差はありますが通常2週間程度かかります。

当院で使用しているホームホワイトニング剤

オパールエッセンスの特徴

・先天性、全身性、薬理性、外傷性等の要因や加齢による歯牙内部の変色を効果的に取り除くことが出来ます。
・フッ素沈着やテトラサイクリンによる染色にも効果があります。
・オパールエッセンスは粘性が非常に高く、一般のホワイトニングジェルに比べ、トレーから漏れ出ることが少ないため、ソフトタイプのトレーを使用できるので、口腔内での着用時も不快感がありません。
・オパールエッセンスでホワイトニングをした生活歯は長期に渡ってシェードが持続します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行なう治療で、1回の治療である程度のホワイトニング効果を得られます。

当院で行なっているオフィスホワイトニング

Saiホワイトニングシステムとは?

Saiホワイトニングシステムは日本人の歯質に合わせ、使い分けるオフィスホワイトニングです。患者さまの歯の特性に合わせて使い分け、納得のいく結果を出していただけます。
2つのアプローチがありますが、当院で行なっているのはブライトニングと呼ばれる方法です。

ブライトニング

ブライトニング「Brightening」というのは、明るくする、光らせるという意味です。ブライトニングは歯の明度を上げる事により、明るく透明感のある歯になります。
歯肉ダム(薬剤から歯肉を守る役割をします)も必要なく、10分で終わり、歯の表面を荒らすことなく痛みもありませんので、安心して白い歯を手に入れられます。

当院にて、2セットから3セット繰り返し行ないます。

ボトックス治療

当院では歯ぎしりや食いしばる力を弱める方法としてボトックス治療を行っております。
ボトックス治療は表情筋にしわ取り注射をする事で表情筋の動きの一部を抑制し、しわが寄りにくい状態にする治療です。

メリット・歯ぎしり、食いしばる力の緩和
・咬合力や顎関節症の緩和
・お口の周りのシワの改善
デメリット・しわ取り注射の効果に個人差がある
・効果が一時的である。しわ取り注射の持続効果は、約3〜6カ月。
メリット
・歯ぎしり、食いしばる力の緩和
・咬合力や顎関節症の緩和
・お口の周りのシワの改善
デメリット
・しわ取り注射の効果に個人差がある
・効果が一時的である。しわ取り注射の持続効果は、約3〜6カ月。

ホワイトスポットに対する
新しい治療法「アイコン」

突然ですが前歯に白い斑点出来ていて不思議に思ったことはありませんか?
大きくなるわけでもないですし、色が変化したりするわけでもなく虫歯なのか何なのか分からないまま経過を見ている患者さんは多いと思います。
これはホワイトスポット呼ばれています。

ホワイトスポットの従来の治療法は

1,経過観察

虫歯ではないためそのまま経過観察する事も多いです。

2,コンポジットレジン修復

1層歯の表面を削り、その部位にコンポジットレジンと呼ばれるプラスチックの樹脂を詰めて光で照射して固める治療法です。上手に詰めると歯との境目が分からないぐらいキレイに修復ができますが経年劣化があり色が変化し、着色が着くことがあるため何年か毎にやり替える必要があります。

3,ラミネートベニア修復

前歯のホワイトスポットの範囲が大きい場合には歯の表面を一層削り、薄いセラミックを歯に貼り付ける方法をラミネートベニアといいます。
非常にキレイに直すことができますがやはり歯を削ることに抵抗を示す患者さんもいらっしゃると思いますのでよく説明を聞いて、納得してから選択してもらえればと思います。

治療を行うと少なからず歯を削る必要があり、今までは非常に手が出しにくい症例の1つでした。しかし、近年削る事なく治療できる「アイコン」が販売開始され、治療を行えるようになりました。

ホワイトスポットに対する
新しい治療法「アイコン」とは

Icon

Icon

アイコンは歯の表層のエナメル質を守る歯面コーティング材です。
歯を削らない補強(コーティング)する治療で初期虫歯や白斑(隠れ虫歯・初期虫歯)の改善に有効な治療になります。
アイコン(Icon)はドイツのDMG社が開発した低粘度で浸潤性を持つ光重合型レジン材です。厚生労働省の認可も受けた安全性の高い予防充填材料です。

虫歯でスカスカになった歯面にアイコンを浸潤させて補強することで、カルシウムやリン酸の溶出を抑え、酸の侵入をブロックして虫歯の進行を抑え、また白斑を改善します。

治療方法

アイコン治療法

アイコン治療法

メリット・初期の虫歯に対して削ることなく、痛みもなく歯を再石灰化できます
・基本的には1回の診療でアイコンが浸透したホワイトスポットは周囲の健康なエナメル質と見た目が変わらなくなる審美的にも侵襲にも優れた方法です
デメリット・初期の虫歯が原因のホワイトスポットにはアイコンが期待できますがエナメル質形成不全によるホワイトスポットには効果が期待できないといわれています
メリット
・初期の虫歯に対して削ることなく、痛みもなく歯を再石灰化できます
・基本的には1回の診療でアイコンが浸透したホワイトスポットは周囲の健康なエナメル質と見た目が変わらなくなる審美的にも侵襲にも優れた方法です
デメリット
・初期の虫歯が原因のホワイトスポットにはアイコンが期待できますがエナメル質形成不全によるホワイトスポットには効果が期待できないといわれています

長年ホワイトスポットがあるのは気付いていましたが削ってなおすことに抵抗を感じている患者さんが多くいらっしゃると思いますので是非興味があれば相談だけでもしていただければと思います。

審美治療の症例

①審美治療の症例

BEFOREAFTER
主訴歯を白くしたい
治療期間1週間
治療費11万円
治療内容銀歯と白い詰め物を除去しオールセラミックインレーにしました。
治療のリスク歯を削る量が多くなるので痛み、しみが出現することがあります。

②審美治療の症例

BEFOREAFTER
主訴前歯をキレイにしたい
治療期間1ヶ月
治療費48万円
治療内容以前の被せ物を除去し、前歯6本のオールセラミックブリッジにしました。
治療のリスク被せ物を除去し、再度形成するので歯の削去量が大きくなります。
左上犬歯は生活歯なので、形成後に冷水痛や痛みが出る可能性があります。

③審美治療の症例

BEFOREAFTER
主訴前歯の歯についている白斑を削らずになおしたい
治療期間1回
治療費1万5千円(2歯まで)
治療内容アイコンを歯面塗布しました。今までは斑点部位を1層削り、詰め物を行なっていたが削らずに治療できる。
治療のリスク治療直後には白斑が全く変わらないことがありますが時間経過で斑点が消失していきます。
余りにも白斑が歯の内部にまである場合には1層削りアイコンを行うことがあります。

審美治療でよくあるご質問

保険治療と審美治療の違いは何ですか?

現在の日本の保険治療で認められているのは、痛い箇所を限られた方法で治す、入れ歯を入れる、といった歯科医院における最低限の内容です。

さて、審美治療において一番の違いは使用する材料です。
保険で認められる白い材料はレジンというプラスチック系のものだけです。これだと、飲食物や嗜好品によってみるみる変色します。また、強度も弱いので隙間ができたり変形したりしてきます。一方、審美治療に用いるのはセラミック、つまり陶材系です。セラミックは審美的に優れているだけではなく、汚れが付着しにくく虫歯になりにくいため、再治療が少ない材料です。

銀歯は白くなりますか?

銀歯を外してセラミックの歯を被せ直す、もしくは保険のレジンというプラスチックで治すことにより違和感のない白い歯になります。歯の条件により使用する材料に違いがありますのでご相談ください。

ホワイトニングは安全ですか?

ホワイトニング剤の主要部分である過酸化水素、過酸化尿素は消毒用に用いられるもので、安全性についてはADA(アメリカ歯科医師会)、FDA(アメリカ政府食品医薬品局)でも認められており、アメリカでは1000万人以上の人が使用しています。

被せ物の保証はありますか?

基本的に2年間の保証がつきます。条件として、定期検診にご来院いただく必要があります。

被せ物をしたら虫歯にならないのですか?

いいえ、審美治療の被せ物も歯ブラシをしなければ虫歯にも歯周病にもなります。被せ物をしたら虫歯にならないと思われている患者さまがいらっしゃいますが、磨かなければ虫歯にも歯周病にもなります。

被せ物はどれぐらい持ちますか?

被せ物は、およそ10年以上持ちます。
しかし、患者さまのメンテナンス状態や定期検診に通われる頻度、ブラッシング方法などで被せ物の寿命は大きく左右されます。必ず定期検診には来院してください。

神経を取ったら変色してしまいました。

神経を取った歯は徐々に変色していきます。セラミックで被せ物をすることで元の歯と似たような色を取り戻すことができます。