〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7丁目3-1
03-3671-0867

  

当院について

南小岩の歯医者 小野寺歯科医院 外観
南小岩の歯医者 小野寺歯科医院 外観

治療や食育により、健やかで健康的な日常生活をサポートし、
当院にかかわる人を笑顔に、そして健康にしたい。

カウンセリング

見える化を心がけます

歯医者が怖いと言われる理由の一つとして、『口の中で何を行なっているか、患者さまご自身が知らない(わからない)』ことが起因しています。そのため、当院では口腔内写真を初診時・治療前・治療後・定期検診時に撮影し、患者さまにこれから『何を行なうのか』、『何を行なったか』のご説明をしています。

歯磨き

歯ブラシを徹底します

定期検診を受診されている患者さまも、約360日はご自身で歯磨きを行なうことで口腔内の管理していかなければなりません。そのための歯ブラシ指導を当院では徹底して行ないます。その上で、セルフコントロールでは届かない範囲の汚れ取りや、定期検診での虫歯の早期発見・早期治療やフッ素の塗布などを行ないにご来院いただけますと幸いです。

治療風景

痛くない、怖くない治療を心がけます

「歯医者さんは怖い」という子供のころの記憶から、歯科恐怖症の患者さまが増えてきています。そのために当院では「わかりやすい説明」、「表面麻酔、電動麻酔の使用」、「静脈内鎮静法」を行ない患者さまになるべくストレスをかけないような治療を行ないます。

歯の相談

"わかる"カウンセリングを徹底します

患者さまは自分のお口の中に何本歯が残っていて、どんな被せものが入っているのかわからないケースが多々あります。また、患者さまもよくわからないまま被せものを入れられたなどの話をよくお聞きします。当院ではカウンセリング(説明)の時間を重要視し、患者さまに自分の口腔内状態を把握していただき、それに対する治療法をご説明します。その上で患者さまのご要望を聞き、ご納得いただいた上で治療を行なうように心がけています。

小児歯科

子供の発育サポート、虫歯0を心がけます

近年、お子さんはあごの発育が劣成長のため様々な病気やアレルギー、虫歯などが多くなってきています。そのためにあごの骨を広げる「小児矯正」や定期検診時の「フッ素塗布」を行ない子供の成長発育、口腔内のキレイ化を徹底します。

治療で全身管理

歯科治療を通した全身管理を。

現在、患者さまで健康状態が問題なく、1回も病院に訪れたことがない患者さまは少なく、通院や薬などを飲んでいる人が多くなっています。そのため患者さまの健康状態の把握、全身管理、食育指導を行ない、お口の中から患者さまの健康サポートを行ないます。