〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7丁目3-1
03-3671-0867

  

根管治療

当院の根管治療の特徴

歯の根の中を清掃、消毒を行なうことで無菌的な状態にすることを根管治療と呼びます。

当院では、痛みに最大限配慮し治療を行ないます。
治療で痛みがありそうな場合は局所麻酔をしてから治療を行ない、術後に痛み止めを処方します。来院された際に痛みが強ければ、まず痛み止めを服用してもらってから治療を行ないます。

根管治療が必要な症状

・何もしなくても痛みがある。
・物を噛むと痛い。
・冷たいもの、甘いもので痛みがある。
・夜眠れないくらい痛い。
・歯の根元の歯ぐきを押すと痛みがある。

根管により歯が痛む原因

神経が生きている場合

・歯の神経にまで虫歯が及んでいる。
・知覚過敏が強く、治療してもしみるのが止まらない。
・嚙合わせる力が強く歯が欠けてしまった。

神経が死んでいる場合

・昔、根に詰めた薬が感染している。
・歯周病の感染が歯の根に回り感染を起こしている。
・転倒などによりぶつけた歯が変色してきている。

根管治療の治療方法

歯の神経が残っている場合

抜髄処置

歯の根にある神経にまで虫歯による細菌感染が起こり炎症を起こしているため神経を取る処置。

歯の神経が残っていない場合

感染根管処置

昔、詰めた薬などが感染し、炎症を起こしているため昔詰めた薬を取り、根の中を無菌的にする処置。

抜歯しなければならないケース

歯にひびや亀裂が入っていて根の治療を行なっても痛みが取れない場合。
根の中全体にまで虫歯が広がっている場合。

根管治療でよくあるご質問

根管治療とは何ですか?

歯の内側には歯髄と呼ばれる神経や血管があり、それらが通っている管を根管と言います。
「虫歯が深く神経まで達してしまい、痛みが出た場合」や「根の中でばい菌が感染し根の先で膿ができて歯茎が腫れ、痛みが出た場合」に感染した歯や神経を取り除き、歯を再び使えるようにする治療です。

根管治療はなぜ回数がかかるのですか?

歯の根は複雑な構造をしていて1回では神経が取れきれないことが多いのです。
当院では前歯は1~3回、奥歯は3~4回程度を目安に治療を行っています。

使用している機器について教えてください。

拡大鏡
根の中は肉眼で診るには難しいため拡大鏡(2,5~3,5倍)を使用しよく「見える」ようにして治療を行ないます。
トライオートZX2
術中にファイルの先端位置をモニターすることにより、短時間で安全・確実な根管拡大を行なうことができる根管長測定機能付き根管治療器です。手で根の中を拡大するよりも短時間で根の中を拡大できます。

感染症の予防など、衛生面で気をつけている点を教えてください。

使用した機材は、93度で1時間の医療用食洗器で消毒の後、クラスB対応(狂牛病の菌にも対応する)のオートクレーブにより高圧滅菌を行なっています。

歯内療法が終わった後も痛むのですがなぜですか?

歯内療法が終わった後、器具や薬剤の刺激により2、3日痛む場合があります。しかし、これは異常な状態ではなく、時間とともに症状が軽くなっていくことがほとんどです。痛みが強い場合には、痛み止めの処方や処置が必要になるかもしれませんのでご連絡いただければと思います。

根管治療後は虫歯にはなりませんか?

虫歯になります。根管治療後は以前よりも歯が弱くなっており、虫歯菌が再び感染する可能性があります。再根管治療は成功率が低くなるので、しっかりとクリーニングを心掛けましょう。

根管治療した歯のデメリットは?

歯髄には歯に栄養を送る働きがありますが、神経を取ると栄養がなくなるので、歯が脆くなり割れやすくなってしまいます。その歯の寿命が神経を取っていない歯と比較すると、半分程度になります。

根管治療の成功率はどれくらいですか?

初めて歯の神経をとる治療の場合の成功率は約90%、再治療の場合は約60%とされています。

他院で治療途中でも相談・治療は可能ですか?

可能です。
応急処置も含めて対応させていただきます。