〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7丁目3-1
03-3671-0867

  

歯ぎしり、食いしばり治療

最近気付くと歯ぎしりやくいしばりをされていませんか?

私も知らず知らずのうちに行っている事があるのですが結構な数の患者さんが歯ぎしりやくいしばりをしているなと思い、患者さんに聞くと無意識に行っていると仰ってくれます。

あまり根本解決の治療方法が無いのでマウスピースを夜間使用してもらう治療は行なっていましたが正直敬遠していました。しかし、最近本当に多くの患者さんの歯が磨り減ってきているためお口の中をどうにか治療をしていかないといけないなと思いました。

歯ぎしり、食いしばりとは

歯ぎしりとは上下の歯を強く噛み合わせてずらすと音がなることを言います。

食いしばりは歯を無意識に噛みしめてしまうことです。歯をすらさない場合も多いので音はしない事もあります。

 

歯ぎしり、食いしばりの原因

  1. ストレス:実は歯ぎしりの原因に科学的根拠が実証され、明確となっているものはありません。しかし、その中でも最も有力な原因の説はストレスです。歯ぎしりもストレスによる動作の一つと考えられています。歯ぎしりによってストレスを発散しているといわれています。
  2. 習慣:スポーツ選手などで瞬発的に力を出すような職業に就いている人の場合、食いしばりが習慣化してしまっています。
  3. 噛み合わせ:噛み合わせの不調や顎関節症などの顎に変位をきたしている場合に歯ぎしり、食いしばりが起きる事があります。

歯ぎしり、食いしばりによる症状

 全身的症状

  1. 肩こりや首のこり
  2. 顎が痛い
  3. 朝起きが辛い
  4. 日中眠い事がある
  5. 頭痛
  6. めまい
  7. 目の疲れ
  8. 腰痛

 口腔内の症状

  1. 歯がしみる、歯が痛い、噛むと痛い
  2. 歯が割れたり、折れたりする
  3. 口内炎・口角炎・舌の痛みが起きやすい
  4. 顎関節症
  5. 虫歯・歯周病が起こりやすくなる

歯ぎしり、食いしばりを見分けるお口の中の状態

 1、くさび状欠損(歯ぐきの境目がへこんでいる)

歯ぎしりをしている方は歯に過剰な力がかかり、歯の根元がへこんで行きます。

 2、骨隆起

   骨の防御反応と噛む力が強いと顎の骨に新たな骨ができます。それを骨隆起と言います。

 3、頬や舌の圧痕

   頬や舌が歯に押し付けているため、波打ったような歯形がついてきます。

歯ぎしり、食いしばりの従来の治療法

 マウスピース治療

歯ぎしり食いしばりの治療は根本解決は難しいです。そのため緩和することを重視した治療法としてマウスピース治療が行われています。

つまりは歯ぎしり・食いしばり自体は治さずに、それによって生じる歯や顎へのダメージを軽減するのです。

睡眠時専用のマウスピースで、これを装着して眠ることで、早顎に加わる負担を軽減するとともに、歯ぎしりの不快な音を防止することができます。

歯ぎしり、食いしばりの新しい治療法

 ボトックス治療

食物を食べるときに使われる筋肉を咬筋と言い、噛みしめ癖や食いしばりなどの原因で咬筋が必要以上に発達する状態を咬筋肥大と言います。 この状態が長く続くと、顎の痛み、血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラ張り、むくみなどの原因になる可能性があります。 ボトックス治療は肥大した咬筋にボツリヌストキシン注射をすることにより、咬筋の緊張を緩和しそれらの症状を改善させる治療法です。 日本でも医療領域において厚生労働省の承認を受けており、美容業界では、しわ取り治療、小顔治療として一般的に知られており美容目的では世界70か国以上で使用されています。